【Planner, Stationery】2013年手帳まとめ(1月現在)

15 1月

デジタル物は、三年前に購入したMacBookと、昨年9月に購入したiPhone5で満足している。

 アドレス帳は、MacBookとiPhone5間で直接データを同期させている。あえて、iCloudは通さない。個人情報流出のリスクを減らすため。

 予定(Calendar)とタスク(Reminder)は、MacBook – iCloud – iPhone5間でリアルタイム同期をしている。また、MacBookとiPhone5では、データ閲覧/入力用にそれぞれ気に入ったサードパーティアプリを使っている。

 しかし、現在の私の予定/タスク管理のメインは手書きの手帳である。手ぶらでちょっとそこまで出かける時は、iPhone5があれば予定をささっと確認出来るので手帳なしでも大丈夫だが、それ以外の時は、タスクも含めて紙の手帳で確認したいのである。

 まだ、どの手帳を使うか最終的には決まっていないが、現在使用(試用)中の手帳一軍候補は下記の通り:

<全て詰まったプライベート母艦手帳>
フランクリンプランナーコンパクトサイズ本革Sophiaバインダー(リングの大きさ20ミリ、黒)、その中には年間カレンダー12か月分+1日2ページ見開きリフィル3か月分、そして娘の写真ギャラリーや備忘録や地図など

<プライベート母艦予備軍&ロシア語学習手帳>
ファイロファックスパーソナルサイズ本革バインダーAston(リングの大きさ25ミリ、葡萄色)+1週間見開き2ページ(7日間均等)リフィル一年分+年間カレンダー、お手製ロシア語単語帳など

 ファイロファックスとフランクリンの紙のサイズと穴の位置が同じなので、備忘録やギャラリーなどはどちらのバインダーでも同じものを使うことが出来る。フランクリンに不満が出てきたら、ファイロファックスを母艦にするかも。どちらのバインダーを母艦として使うかは、まだはっきり決まっていないのだ。革とリングの大きさだとファイロファックスに軍配が上がるのだけど、愛用しているLamyのサファリボールペンがファイロファックスのバインダーにはささらないのである。悩ましい。

 ファイロファックスのリフィルと互換性のあるDay-Timerの1日1ページリフィルも実は試した。フォーマットはいいのだが、紙と使われている色とデザインがどうしても好きになれなかった。

<荷物を軽くしたい時用のプライベート手帳>
クオバディスのIB Traveler(レフト式見開き2ページ一週間、カバーは黒のナッパレザー)、万年筆を使って記入している。

<職場のメイン手帳>
クオバディスのエグゼクティブ(バーティカル見開き2ページ一週間、日曜日だけ下にある、カバーはピンクのルナ)、一番万年筆向けの紙なのだが、仕事中は万年筆で筆記する気持ちの余裕がないので、パーカーのJotterというボールペンで記入している。目立たせたい部分だけ、ピンクのインクが入ったサファリの万年筆を使っている。

 ちなみに職場ではメールの送受信にロータスを使っているが、ロータスのカレンダー及びアドレス帳機能は、自分ではほとんど使っていない。会社支給のBlackBerryを持っているのなら、ロータスは便利に使えると思うけれど。

 大した予定はないので、はっきり言ってIB Traveler一冊で予定管理としての機能は十分事足りる。でも、食べた物とか何をしたかとか後で全部書き足したいので、もうちょっと大きいものが欲しくなるわけだ。

 違うインクの色を使い分けるとか、ポストイットとか、手帳術系に出て来そうな方法は使っていない。目立たせたい場所に違う色をちょっと使うことはあるが、ポストイットを手帳に使うことはまずない。なくしそうで怖い。仮の予定やタスクなどは、とりあえず鉛筆で書いておいたりする。

 手帳のそれぞれの詳しい使い方は、もしご希望があればおいおい紹介します。特にフランクリンなんて、フランクリンの素晴らしいやり方をほぼ全て無視してるからw

[MacBook, iPhone 5] デジタルな予定管理

1 1月

ここのところtwitterではアナログな手帳の話ばかりだったので、たまにはデジタルでの予定管理の話なぞしてみよう。やっぱり基本的に予定管理は紙の手帳の方が好きなんだけれども、一応併用しているので。日時が定かではにない昔の予定を参照する時にはやっぱりデジタルの方が便利だしね。

Fantastical.175x175-75

MacBookでは、標準のカレンダーの置き換えアプリ「Fantastical」を最近使い始めた。これを使い始めたのは、メニューバーに常駐してくれるので、いつでも簡単に早く予定とカレンダーが見ることが出来るようになるからである。他にも、カレンダーだけではなくリマインダーも一緒に見られること、入力がとても簡単なこと、検索が出来ること、見た目が美しいことなど、理由はいくつもある。

Screen Shot 2013-01-01 at 7.01.31 PM

まず予定を入力してみよう。一番上の窓に予定と時間をただタイプしていけばいい。「tonight at eight」などとタイプすれば時間、「at home」などとタイプすれば場所だと、勝手に理解してくれるのである。だから一行で文章のように予定と時間と場所をタイプしたら、「Add Event」をクリックするだけ。今のところ日本語は理解してくれないようなので、入力言語は英語になってしまうけれども。

Screen Shot 2013-01-01 at 7.06.00 PM

リマインダーも同じようにタイプして入力出来る。なお、右上で予定かリマインダーかを切り替え出来るようになっている。

Screen Shot 2013-01-01 at 7.07.26 PM

入力された予定あるいはリマインダーを一度クリックすると、詳細をポップアップウィンドウで見ることが出来る。ダブルクリックすれば入力・修正ウィンドウになる。ちなみにデフォルトのカレンダーでの色分けが全て反映されるので便利である。

Screen Shot 2013-01-01 at 7.07.53 PM

ここで入力したものは、全てiCloud経由で瞬時にiPhone5に同期される。ちなみにiPhone 5でも週間予定の閲覧にはFantasticalを使っている。iPhone 5で月間予定を見る時は「Moca」を、入力する時には「choical」を使うことが多い。

【iPhone 3GS】 AT&T公式ロック解除

26 4月

 このサイトを参考にして、AT&Tに電話をかけ、無事オフィシャルにロック解除することが出来た。

 昨日電話をかけたのだが、5月3日までにメールが届くよと言われたが、そのメールを待たずにiTunesに3GSを繋ぎ、復元してみたところ、無事下記のようなスクリーンが出て来た。

 復元終了後、ハナセルで契約しているソフトバンクのSIMカードを入れてみたところ、T-Mobileの電波を掴み、下記のような表示になっていた。

 これで7月に日本へ里帰りをする時は、使い慣れた3GSが日本で使える。