Early Termination Fee (ETF)

16 10月

 米国の携帯電話は2年契約を結ばねばならないことが多く、契約満期の2年を過ぎる前に契約を解除すると手数料を取られる。この手数料をETF(Early Termination Fee)と言う。

 AT&Tの場合、この手数料はずっと一律175ドルであった。契約満期1ヶ月前に解除しても、契約を始めて1ヶ月目で解除しても、同じ175ドルを請求されていたのだ。しかし、昨年これが変更され、175ドルから1ヶ月につき5ドルずつ引いた金額だけが請求されることとなった。

PLAN TERMS” より:

An early termination fee of $175 applies if service is terminated before the end of the contract term and will be reduced by $5 for each full month toward your minimum term that you complete.

 例えば2年契約しておいて、1年だけ使って止めると、175 – ($5 x 12)、すなわち115ドルを払わなければいけないということになるのかな。これで計算が正しいかどうか自信がないが、とにかく175ドル払わされることはなくなったのである。喜ばしいことだ。

 ・・・ますますBlackBerry Boldへのハードルが低くなっていくなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。