docxとキリル文字フォント

8 8月

 ロシア語の先生が送って来たファイルの拡張子が、docxであった。うちの古いマック用オフィスではファイルを開けないので、変換プログラムをダウンロードする必要があった。

 それでファイルは開ける様になったが、ファイルを開いてみたら今度はロシア語がきちんと表示されていなかった。フォントをAyuthayaに変えたら読めるようになったけど、ちょっとあせったよ。

 他にMacのワードで使えるロシア語フォントはないものか。と思って探してみたところ、Times CY と Timesee Russ M がどうやらワードで使えるキリル語フォントらしいことが分かった。よかったよかった。

 ちなみにAyuthayaはタイ語フォントだった。名前からしてそんな感じだが。このフォントで何故キリル文字が読めるのだろう。不思議だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。