SIMアンロック

9 1月

電話をアンロック

 AT&Tのカスタマーサービスに電話をかけ、自分の携帯電話のIMEI番号とメールアドレスを教えると、無料で5~10日以内にSubsidy Unlock Codeを送って来てくれるはずです。あたしの場合、コードが届くまで丸一日かかりました。これがいわゆるSIMのロックを外す魔法の番号です。

 ドキドキしながら挑戦しましたが、簡単に出来ました。一応、成功したみたいです。一応というのは、手元に他キャリアのSIMカードがないので、まだ確認が出来ていないためです。ちなみにコードを入力し終わると電話が勝手に再起動しました。

 ところで、SIMロックを外すと、AT&T用ではない他のファームに書き換えることが可能となります。そこまでするかどうか分かりませんが、本体メモリがかなり増えるらしいので、この電話がメインじゃなくなったら挑戦するかも。

 アンロック版を買うと400ドル近くするのですが、その半分以下の値段で買った携帯電話のロックをこんな簡単に外してくれるなんて有難いことです。

 最近、カスタマーサービスの対応も悪くないし、CINGULARと合併した後、AT&Tのサービスは良い方に変ったように思います。あくまで私の主観的な感想ですけれども。

 もともとAT&Tの端末に対する「去勢」はそれほど厳しくないです。あたしの知る限り、N75はBLUETOOTHのステレオヘッドセットが使えない、600KB以上のMP3ファイルを着メロとして使えない、これくらいです。だからファーム書換のメリットは自分的にはあまりないのですね。音楽をワイヤレスのヘッドセットでバリバリ聴きたい人は別だと思いますが。

 端末に対する「去勢」がひどいのは、何と言ってもVERIZONですね。端末からPCへ撮影した写真をBLUETOOTHで飛ばす事も出来ないくらいですから。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。