プロフィール管理

24 12月

 Profilesという名のTreo600/650専用プロフィールマネージャーが秀逸です。例えば夜用昼用のプロフィールを別に作って、適宜切り替えること、または時間によって自動的に切り替えることが可能となります。

 似たような有料プログラムはありますし、それをちょっと使ってみたことはありますが、このフリーウェアで十分過ぎるほどです。また、これを使って設定をしておけば、いちいちTreoHelperなどのアプリを別に使わなくても、自分でソフトリセットをかけた後、自動的に電波を掴みに行ってくれるようになります。

 また、フリーウェアなのに、作者様がきちんとアップデートを続けているので、非常に頼もしいです。まだベータですが、680用もきちんと発表されています。

 設定は、「Preference」の中に「Profiles」という項目が出来るので、そこで行います。あたしの使い方は以下の通りです。

 「Night」としての夜用設定は、電話の電波は入れたままですが、音量とバイブレーションを全てオフにしてあります。SMSやMMSも個別に音量や着メロを設定する必要があるので、これをし忘れると、消音設定にしたつもりが、夜にメールの着信があったりすると電話が鳴って起こされるので注意(経験者)。「Night」には毎晩午後11時になると自動的に切り替わるよう設定しました。

 「Day」としての昼用設定は、電話の音量を最大にしつつ、マナーモードの場合だけバイブレーションになるように設定してあります。毎朝午前6時半に「Day」モードに自動的に切り替わるように設定しました。もちろん電話の電波は常にオン状態になるようにしてあります。

 あたしはまだ使ったことがありませんが、何時間あるいは何分後という任意の時間にプロフィールが切り替わるよう、設定することが可能です。たとえば映画の鑑賞中は「Night」モードにしておいて、2時間後に「Day」モードに切り替わるようにしておきます。これを使えばプロフィールを手動で戻さなくても自動的にプロフィールが切り替わるので、プロフィール変更を忘れたが為に電話が鳴らず、大事な電話を取り損なったなんてことが起こらなくて済みます。

 更に、音量だけでなく、スクリーンの輝度やコントラスト、オートオフまでの時間などもプロフィール毎に設定出来ます。そこまで細かい設定が必要なければ設定を行う必要はありません。

 また、自分が設定した時間以外にプロフィールを切り替えたい時は、トリガーとなるボタンをあらかじめ設定しておけば(オプションかメニューかサイドボタンのどれかを選べる)、それを長押しすることによって、プロフィールの選択画面が現れるようになっていますので、そこから手動でプロフィールを変えることが出来ます。

 今、どのプロフィールで使っているのか分からなくなりそうですが、「Enable active profile notifier」という項目を選んでおけば、電源を入れるたびに現在の時刻と使用中のプロフィールを教えてくれるようになります。あたしはウザいのでこの機能は使っていませんが。更に設定するプロフィールの数に制限もないはずです。

 とにかく無駄な機能がついていないのに、必要な機能は揃っている素晴らしいアプリだと思いました。まだ1日しか使っていませんが、他のアプリとコンフリクトを起こす事もないですし、きちんと設定した通りに動いています。

MTDNユーザーによるレビューはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。