Treo650のキーボード

12 10月

 とれみのバッテリーを長持ちさせるために、キーボードの電気を消すアプリを導入することにしました。

 まずは基本中の基本、KB LightsOffを試してみました。悪くありません。5.50ドルとお値段も手頃です。自動と手動が選べるところが素晴らしい。しかし、キーボードが忙しげに消えたりついたりするのがちょっとウザいかも。

 というわけでちょっと探してみたら、KeyShadesというフリーウェアを発見。こちらはサイドボタンを使って、手動でキーボードを消したりつけたりすることが出来るという優れものです。

 アイコンもなく、この機能だけに特化したアプリであり、2KBと小さいため邪魔になりません。これでつけたい時だけキーボードの電気をつけられるようになりました。

 また、決められた時間に電気をつけたり消したり自動で行いたい人には、Twilightがいいかもしれません。これはドネーションウェアです。

 これで、あたしのサイドボタンには3つの機能が割り振られることになりました。短く押したら選択ボタンとして機能します。長押しでカメラが立ち上がります。1秒押すとキーボードのライトがついたり消えたりします。きちんと使い分けないと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。