続プロジェクトLAN

24 10月

快適に無線LANが使えております。意味なく交互にコンピューターを替えてインターネットサーフィングしてたりして。

しかし、iMacとDellを比べるとやはり後者の方が明らかにリスポンスが早いです。中に入っているワイヤレスアダプタの転送速度の違いか(AirPort Cardは、IEEE 802.11bしかカバーしていないが、D-LinkのアダプタはIEEE 802.11gもカバーしている)、あるいはCPUの違いか(iMacは800MhzのG4で、Dell機は1.4GhzのPentium4です)、よく分かりません。

問題がひとつ。誰かにうちの接続を使われないようにパスワードをかけてセキュリティ機能を使用(WEPって言うんですか?)したいんですが、AirPort Admin Utilityが何故か使えなくて困っているのです。

Dell機の方では、Base Stationを認識してくれないし、iMacの方では認識はしてくれるが、パスワードをかけた覚えもないのにパスワードを要求され、それ以上設定が進まないんです。一応、AirPort Express側のSoft Resetっつうのを行って、パスワードもリセットしようとしましたが、上手く出来ませんでした。

一応、今後の課題を記しておきます(優先順)。

  • セキュリティ
  • ファイル共有
  • プリンタの共有

続く・・・予感

追記:上を書いた後、デフォルトのパスワードが分かりました。publicだそうです。で、これを入力してみたところ、AirPort Admin Utilityと使用中のAirPort Base Stationのバージョンが合わんみたいなメッセージが出て来て、どちらにしてもそれ以上進めませんでした。うちのiMacは古いから、AirPort Expressなんて使うなと言わんばかりですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。